Minecraftでプログラミングを学ぶD-SCHOOL。評判と口コミは?

この記事はD-SCHOOLオンラインの解説記事です。

  • どんな特徴を持ったスクールか?
  • 口コミや評判は?
  • どんな子どもに向いている?

といった疑問を解決します。

D-SCHOOLは無料体験も実施しています。

「まずは自分の目で教材などを見てみたい」「とりあえず体験してみたい 」という方は無料体験を申し込むことをおすすめします。

>> 無料体験の申込サイト

D-SCHOOLオンラインの基本情報

まずは基本情報をまとめておきます。

スクール名 D-SCHOOLオンライン
学習形式 オンライン
対象年齢 小学1年生~
料金(税別) 3,980円/月~
URL https://online.d-school.co/
無料体験 有り
運営会社 エデュケーショナル・デザイン株式会社

D-SCHOOLオンラインの特徴

D-SCHOOLオンラインには4つの特徴があります。

  • 子どもに人気のゲーム「Minecraft」を教材に取りいれている
  • 教材の解説動画はYoutubeを意識して作られている
  • プログラミングに算数や英語などの要素をミックスしたコースがある
  • 教室運営で得たリアルな声を反映している
1つずつ説明していきます。

子どもに人気のゲーム「Minecraft」を教材に取りいれている

マインクラフトという子どもに人気のゲームとビジュアルプログラミング言語を組み合わせた「マイクラッチ」という独自のシステムを使って学習します。
(※ マイクラッチを使用しないコースもあります。)

マインクラフトはただのゲームと思われがちですが、欧米では学習教材として高い評価を得ています。

そのMinecraftの教育的な要素をうまく教材に取り入れています。

マインクラフトの楽しさはそのままいかされているので、子どもにとって取っつきやすく、続けやすいものになっています。

解説動画はYoutubeを意識して作られている

教材で使用する解説動画はYoutubeを意識して作られています。

Youtuberが好きな子どもであれば、Youtubeを視聴する感覚で楽しく学習できます。

算数や英語などの要素をミックスしたコースがある

算数や理科、英語などの授業で習う内容とプログラミングをミックスしたコースがあります。

選択するコースによってはプログラミングを習得しつつ図形の面積や足し算、英単語を同時に学ぶことが可能です。

教室運営で得たリアルな声を反映している

D-SCHOOLはオンラインだけではなく教室も運営しています。

教室は2014年からスタートしており、スクールの現場で得られた子どもの反応やノウハウなどがオンラインの教材や教え方に反映されています。

D-SCHOOLオンラインのコースと料金

こちらが全コースの基本情報です。

コースごとの対象年齢、料金、レッスン数などまとめています。表は横にスクロールして見ることができます。

コース名 対象年齢 料金 レッスン数 学習時間目安
マイクラッチJrコース 小1~ 3980円(月額) 12回(1回/月) 90-120分/月
マイクラッチコース 小3~ 3980円(月額) 12回(1回/月) 90-120分/月
英語&プログラミングコース 小3~ 3980円(月額) 12回(1回/月) 90-120分/月
ロボットプログラミングコース 小3~ 4980円(月額) 6回(1回/月) 90分/月
ゲーム制作コース(シューティングゲーム) 小2~ 一括1980円 1回 60-90分
ゲーム制作コース(ダンスゲーム) 小1~ 一括1980円 1回 40-60分
オンライン個別指導コース 小3~中3 14850円(月額) 120分/月

全部で7コースあり、英語を学べるものからロボットプログラミングまで幅広いテーマが用意されています。

コースの選び方

コースが多く、どれを選ぶべきか迷いますがそれぞれ特徴がはっきりしているので下記のような基準で選ぶといいかと思います。

  • 子どもがマインクラフトやゲームが好き → マイクラッチコース
  • 英語とプログラミングを同時に学びたい → 英語コース
  • 1回完結型でお試し的にやってみたい → ゲーム制作コース
  • ロボットに興味がある → ロボットコース
  • 自学自習は難しいので講師から学びたい → オンライン個別指導コース

ここからは各コースの内容を1つずつ詳しく解説していきます。

マイクラッチJrコース

学習スタイル 動画教材自習
対象年齢(推奨) 小学校1年生~
初期費用 不要
料金 3980円(月額)
年間プラン 2,985円(月額)
学習期間 12ヶ月
レッスン数 12回(1回/月)
学習時間目安 90-120分/月

「D-SCHOOLの特徴」の部分で紹介したマイクラッチを使ってプログラミングを学習するコースです。

マインクラフトで遊びながら「くり返し」「条件分岐」など、プログラミングの基礎を習得します。

算数の要素もミックスされていて、「かけ算」「わり算」や小学3年生で習う「数直線」の概念も同時に学べます。

全12回のレッスン内容は以下の通り。

①ブロックを置く命令をしよう
プログラムを使ってブロックを置く
②もっとブロックを置いてみよう
簡単なオブジェや旗を作る
③どのくらい、はなれてる?
算数の「数直線」を学ぶ
④立体パズルにチャレンジ!
ブロックをお手本の通り置く
⑤図形の面積をもとめよう
「掛け算」「割り算」を使って面積をもとめる
⑥計算機を作ってみよう
計算機をプログラミング
⑦算数サバイバルゲームをつくろう
計算問題を自分でつくる
⑧村のオブジェとつくろう
「くりかえし」を学ぶ
⑨プログラムに判断させよう
「もし~なら○○」という条件分岐を学ぶ
⑩スーパーステーブブラザーズ前編
アクションゲームを作る
⑪スーパーステーブブラザーズ後編
アクションゲームをカスタマイズする
⑫ステップアップミッション
これまで学習したことを使って作品を作る

マイクラッチコース

学習スタイル 動画教材自習
対象年齢(推奨) 小学校3年生~
初期費用 不要
料金 3980円(月額)
年間プラン 2,985円(月額)
学習期間 12ヶ月
レッスン数 12回(1回/月)
学習時間目安 90-120分/月

マイクラッチJrコースと同じでマイクラッチを使って学習します。

内容はJrコースよりも高度になっていて「乱数」、「確率」などの概念も登場します。

学んだ知識を使って最終的には自分だけのオリジナルダンジョン(ゲーム)を作ります。

全12回のレッスン内容は下記の通り。

①ダイヤモンドブリッジを作ろう
位置の指定、簡単な座標の概念を学ぶ
②消える足場のアトラクション
ブロックを置くタイミングの制御する
③闇夜にそびえる魔王城
「くりかえし」を使って建築する
④魔王城からの脱出
「タイマー」「条件判断」の考え方を学ぶ
⑤密室トラップを生き残れ
「乱数」の考え方を学ぶ
⑥謎解きクイズステージ
謎解きステージを作る
⑦魔王のスロットゲーム
「確率」を学ぶ
⑧ネバーエンド・ラビリンス
迷路を作るプログラムを作成
⑨最終決戦!ボスバトル!!前編
ボスを作り、HPを設定してバトル
⑩最終決戦!ボスバトル!!後編
ボスの動きや弱点を改良する
⑪難攻不落のラストダンジョン 前編
学んだことを使ってボスバトルを完成させる
⑫難攻不落のラストダンジョン 前編
学んだことを使ってボスバトルを完成させる

英語&プログラミングコース

スタイル 動画教材自習
対象年齢(推奨) 小学校3年生~
初期費用 不要
料金 3980円(月額)
年間プラン 2,985円(月額)
学習期間 12ヶ月
レッスン数 12回(1回/月)
学習時間目安 90-120分/月

プログラミングと英語を同時に学ぶコースです。

ロールプレイングゲームの各場面(クイズゲームやじゃんけんバトル、宝探しゲームなど)を作り、最終的的にそれを組み合わせてオリジナルのゲームを完成させます。

英語指導の国際資格であるTESOLを取得している方や外資系企業での勤務経験のある方などが開発しており、実践的なカリキュラムになっています。

全12回のレッスン内容はこんな感じです。

①Monster Creator
ゲームを作る総合的な基礎力と
体のパーツの英語表現を学ぶ
②Catch the Fish
色や海の生き物を表す英語を学び、
プログラムと使ってキャラクターを動かす
③Hello! D-BOY!
基本的な英語でのあいさつを学び、
会話をするロボットを作る
④Guess my age!
クイズゲームで遊ぶためのプログラムと
英語の比較級を学ぶ
⑤Rock Paper Scissors!
じゃんけんバトルゲームの制作と
グー、チョキ、パーの英語表現を学ぶ
⑥RPS Battle!
よりゲームらしい機能や雰囲気を作り込む
⑦What is it?
キャラクターを自由自在に動かして、
英語のワードのジャンル分けをするゲーム
⑧Race to the Treasure
学んだことを使って宝探しゲームを作り、
同時にキャラクターの会話で英語を学ぶ
⑨Race to the Treasure
学んだことを使って宝探しゲームを作り、
同時にキャラクターの会話で英語を学ぶ
⑩D-Quest Ⅰ
ロールプレイングゲームを作成する
まずは旅立ちの場面とバトルの基礎
⑪D-Quest Ⅱ
経験値によるレベルアップ、
ステータスの変化などを実装
⑫D-Quest Ⅲ
エフェクトを使ってボスバトルの演出と
セーブ、ロード機能を実装する

ロボットプログラミングコース

スタイル 動画教材自習
対象年齢(推奨) 小学校3年生~
初期費用 不要
料金 4980円(月額)
年間プラン なし
学習期間 6ヶ月
レッスン数 6回(1回/月)
学習時間目安 90分/月

専用のブロックを使ってロボットプログラミングを学ぶコースです。

自動車の自動運転を題材にしてLEDや音センサー、赤外線など各種センサーを組み合わせてロボットの仕組みや動かし方を学習します。

PCを使ったプログラミングと違い、作ったプログラムが現実の世界にどのような影響を与えるかを知ることができます。

手を使いブロックを組み立てることでアナログ的な空間認知能力も養えます。

全6回のレッスン内容は下記のようになっています。

①スタートアップ・自動車の制御
ブロックのつなげ方、入出力設定、
車型ロボットの前進、後退などを学習
②サウンドコントロールカー
音の大きさによって前進や後退、停止をさせ、
手を叩いた回数で方向転換するプログラムを組む
③ダンシングロボット
LEDライトや音センサーを追加して
オリジナルのダンスロボットを作る
④自動車の自動運転
関数を使った制御の仕方について学習
自分で作成したコースを走れるプログラムも作成
⑤センサー感知自動車
衝突回避のプログラムを作成
自動でブロックを掴むプログラム課題にも挑戦
⑥ライントレースカー
赤外線フォトリフレクタを使って、
黒いラインの上を走る自動車を作成

ゲーム制作コース(シューティングゲーム)

スタイル 動画教材自習
対象年齢(推奨) 小学校2年生~
初期費用 不要
料金 一括1980円
年間プラン なし
学習期間
レッスン数 1回
学習時間目安 60-90分

ゲーム作りを通してプログラミングを学ぶコースです。

1回完結で60~90分で終わるので気軽に始められます。

短時間のレッスンですが、キャラクターの動かし方、十字キーの操作方法、簡単な座標、クローンの考え方などプログラミングの基礎が凝縮されています。

ゲーム制作コース(ダンスゲーム)

スタイル 動画教材自習
対象年齢(推奨) 小学校1年生~
初期費用 不要
料金 一括1980円
年間プラン なし
学習期間
レッスン数
学習時間目安 40-60分

こちらもシューティングゲームの制作コース同じで1回完結(60~90分)のレッスンです。

こちらのほうがやや難易度が低く、学習時間も短いので対象年齢が小学1年生~になっています。

ダンスゲームという名前ですが、色や音を変化させたり、キャラクターを作成したりとゲームよりもアートの要素が強いです。

お絵かきなどの創作活動が好きな子どもにおすすめです。

オンライン個別指導コース

スタイル リモート個別指導
対象年齢(推奨) 小学3年生~中学3年生
初期費用 入会金10,000円
料金 14850円(月額)
年間プラン なし
学習期間
レッスン数
学習時間目安 120分/月

これまで紹介したコースは動画やテキストなどの教材を見ながら自分で学習を進めていくスタイルでしたが、オンライン個別指導コースはテレビ会議のシステムを使って、講師と1対1でコミュニケーションを取りながら指導を受ける形です。

複数人で授業を受けるものと比べて下記のようなメリットがあります。

  • 相談や質問がしやすい
  • 子どもの興味に合わせてカリキュラムを組み立ててくれる
  • 能力や進捗に合わせて学習をサポートしてくれる

料金は高くなりますが、最もおすすめのコースです。

D-SCHOOLオンラインの評判、口コミ

実際に利用した子どもとその保護者の感想を紹介します。公式サイトやレビューブログから引用しています。

実際に利用している子どもの感想

初めのセッティングだけはお母さんに手伝ってもらいましたが、基本的にはサポートなしで一人でやっています。     [引用


夏休みの時間を利用したのもありますが、ミッション1から12まで楽しすぎて3ケ月ちょっとで終えてしまったので、これからは巨大な建物を作って行きたいです。今は夏に旅行で行った首里城の復元を目指しています。     [引用


実際に作ったものが動くこと、そして中の仕組みがわかることも楽しいです。今までやった中ではジャンケンバトルの回がとてもが楽しかったです。     [引用


丁寧でとてもわかりやすいです!動画を繰り返し見ながら進めています。     [引用


最初慣れるまでは親に質問したりしていましたが、最近はほとんど自分でできるようになりました。わからないときは動画を戻して再確認したり、似たようなプログラムを見るようにしています。     [引用

実際に利用している保護者の感想

先生が直接指導しているわけではないこの状況では子どもへの強制力が働きません。親が一緒についてやってみようよと声をかけても、チャレンジすらしてもらえません。親は先生じゃないし、家は習い事の場ではないからです。先生がいてくれたら、興味をもってくれたかも。通信教育の難しさを感じました。     [引用


マイクラッチの内容については父親と話をする事が多く、父子の絆が深まりました。また平日にマイクラッチをする約束事の一つに、学校の宿題や、やるべきことが全て終わってからという設定をすることで、宿題に取り組む姿勢が明らかによくなりました。週末は本人が時間配分をしながら自由に取り組んでいます。     [引用


プログラミング学習により、論理的に考える事ができるようになりましたし、問題解決のために、自分の論理を順序立てて組み立てる方法が少しずつ分かるようになってきたかと思います。ゲームをコンセプトに合わせて完成させることに、子供が夢中になっている姿を間のあたりにし、夢に向かって突き進む機会の一つを得ることができたと考えています。     [引用


このオンラインコース(D-SCHOOLオンライン)の学習が良いなと思ったのは楽しく学習できるからです。楽しく考えながら何かを完成させるというのは学校の授業ではなかなか取り入れてもらえないのではないでしょうか。時間の決まったレッスンだと、わからないなと思った時、時間が来てしまいおしまいになってしまいますが、オンラインは関係なく突き詰められる。なんでかな?こうしたらどうかな?とあれこれやれる良さがあります。     [引用


Youtubeを視聴する感覚で楽しく学習できるスタイルは、堅苦しくなく今の子供たちにとても合っている感じがしますしすんなりと入り込めているようです。全てにおいて初めてのことだらけなのに、前向きに完成までじっくりと考えながらやってくれます。     [引用


マイクラのプログラミング教室はほとんどありませんし、そういった中で安価にオンライン受講できるというのはありがたいです。隙間時間を見つけて動画の一区切りだけを見て課題を進めたりなど自分のペースでやれるのも魅力的です。     [引用

D-SCHOOLオンラインのメリット、デメリット

スクールの特徴や口コミなどからわかるメリットとデメリットについてまとめました。

メリット

  • マインクラフトを使っているので楽しみながら学べる
  • 教材の動画がわかりやすい
  • PCさえあれば好きな時間に場所を選ばす学習できる

デメリット

  • 自分で学習を進めないといけない
  • 他の子どもとの関わりやコミュニケーションは生まれない

1番のデメリットは自学自習が必要なこと

他のオンラインスクールにも共通して言えることですが、子どもが自ら学習する必要があるので、やる気を維持するのに苦労する可能性があります。

オンライン個別指導コースであれば、その部分を講師にケアしてもらえるので継続しやすくなります。

1番のメリットはマインクラフトを使ったオリジナル教材

D-SCHOOLの最大の特徴でもあるマインクラフトを取り入れた教材が子どもからも保護者からも高く評価されています。

マインクラフトが好きな子どもであれば、習い事の最大のポイントである「継続」を無理なく実現することができます。

D-SCHOOLオンラインの無料体験

D-SCHOOLでは先に紹介したすべてのコースで無料体験ができます。

  • 教材と相性がいいか?
  • 先生とうまくやれるか?
  • 継続できそうか?

などを確かめるためには実際に子どもと一緒にやってみるのが一番早いです。

D-SCHOOLのサイト(https://online.d-school.co/apply/)から申込むことができますので、まずは時間を作って試してみましょう。

無料期間は14日間となっています。それまでに解約すれば料金はかかりません。

D-SCHOOLオンラインの運営会社

スクールの特性や信頼性などを知る上で運営会社の情報は重要ですので、あらためてまとめておきます。

運営会社はエデュケーショナル・デザイン株式会社です。

富士通のグループ会社と提携したり(https://www.educationaldesign.jp/2020/08/05/488)
フィットネスクラブTIPNESS とのコラボしたり(https://www.educationaldesign.jp/2020/08/03/478)と、
大手企業とのプロジェクトを複数実施しています。

そういった実績があることからも信頼できる企業と言えます。

まとめ

D-SCHOOLオンラインについて解説しました。

コストパフォーマンスの高いスクールですので、ぜひ検討候補に入れてみてください。